スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青葉賞】連覇だ蛯名!ヒラボクディープ波乱切符

 第20回青葉賞(27日、東京11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝2400メートル、1着本賞金5200万円、1、2着馬にダービーの優先出走権=出走18頭)蛯名正義騎乗の7番人気ヒラボクディープが、力強い末脚で差し切って重賞初制覇。同じ舞台で行われるダービー(5月26日、東京、GI、芝2400メートル)の手応えをつかんだ。タイム2分26秒2(良)。2着アポロソニックまでがダービーの優先出走権を獲得。1番人気レッドレイヴンは11着に敗れた。

 仲間の無念を心にダービーへ名乗りを上げた。7番人気の低評価を覆し、ヒラボクディープが本番と同じ舞台のトライアルで重賞初制覇だ。

 「余裕を持って追い出しを我慢した。いい競馬をすると思ったし、何とか勝ってほしいと追った」

 昨年のフェノーメノに続く青葉賞連覇、通算3勝目を挙げた蛯名騎手が笑顔で答える。道中は4番手のインを進み、直線で外から父ディープインパクト譲りの豪脚を発揮。粘るアポロソニックをアタマ差ねじ伏せた。

 「国枝厩舎のカミノタサハラがリタイアし、残念な気持ちがあった。この馬で権利を獲りたいと思っていたからね」

 ダービー向きと期待の高かった大器は皐月賞4着後に屈腱炎が判明。ダービーの騎乗馬がいなくなる危機に蛯名も力が入っていた。「タサハラも東京で走らせたかった。そのぶんも頑張らないと」と国枝調教師も気持ちは同じだ。追い切り前に放馬するアクシデントがあり、トレーナーは「人を落とそうとするので返し馬が心配だった」そうだが、落ち着いてこなした。

 「ダービーの条件で勝ったから“リーチ”をかけたかな。相手は強くなるが、東京なら」と2003年(マイネルソロモン18着)以来、2度目の挑戦となる国枝師がいえば、「もう少し芯が入ると、さらにいいパフォーマンスができる」と蛯名もヤル気。昨年はフェノーメノでハナ差2着に敗れて涙を流しただけに今年への思いは強い。

 父ディープインパクト、母の父ストームキャット、生産・下河辺牧場は桜花賞馬アユサンと同じ。時流に乗ったヒラボクディープがホースマン最高の栄誉であるダービーへ向けて突き進む。 (森田実)

 ヒラボクディープ父ディープインパクト、母キャットアリ、母の父ストームキャット。黒鹿毛の牡3歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道日高町・下河辺牧場の生産馬で、馬主は(株)平田牧場。戦績5戦3勝。獲得賞金は7146万8000円。重賞初勝利。青葉賞は国枝栄調教師は初勝利。蛯名正義騎手は2004年ハイアーゲーム、2012年フェノーメノに次いで3勝目。







サンケイスポーツ 4月28日(日)9時19分配信
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フランク満太

Author:フランク満太
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。