スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天皇賞・春】1枠・武ラー、打倒ゴールド秘策

 伝統の古馬GI、天皇賞・春(28日、京都、芝3200メートル)の枠順が25日、確定した。注目は、過去4年でV3度の〔1〕枠を得たトーセンラー(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)だ。手綱を取るのは天皇賞・春で史上最多の6勝を誇る武豊騎手(44)。断然の1番人気が予想されるGI3勝馬ゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)打倒へ、陣営は秘策を用意した。馬券は26日、一部ウインズで金曜発売が実施される。




 打倒ゴールドシップへ最高の枠が当たった。トーセンラーが昨年の優勝馬ビートブラックと同じ〔1〕枠(1)番をゲット。田代信行調教助手が思わず笑みを浮かべた。




 「ここならスムーズに流れに乗りやすいし、距離ロスなく行けるからいいんじゃない。2年連続で(1)番といきたいね」




 ビートブラックをはじめ、2009年マイネルキッツ((2)番)、11年ヒルノダムール((2)番)と、天皇賞・春は過去4年で〔1〕枠に入った馬が3勝。いかにスタミナを温存するかが重要な芝3200メートルのマラソンレースで、最内枠は大きなアドバンテージとなる。




 トーセンラーの鞍上は天皇賞・春で史上最多の6勝を誇る“平成の盾男”武豊騎手。京都の長丁場で最も頼れる男だ。




 「3200メートルの距離で直線一気は難しい。3コーナーの下り坂で位置を上げていく感じがいい」




 06年のディープインパクトなど、武豊騎手の過去6勝はすべて4コーナー4番手以内。ウイニングポジションをよく知っている。




 過去10年間で単勝1番人気が勝ったのは、そのディープだけという荒れる天皇賞・春。今回の“1強”ゴールドシップも〔4〕枠(8)番と好枠を得る中、代名詞である後方からの“大まくり”が不発に終わる可能性はあるのか。トーセンラーを管理する藤原英昭調教師は「あの馬はさすがに強い」とGI3勝馬に敬意を払いつつ、逆転の青写真を描く。


提供元:SANSPO.COM 2013年4月26日(金) 05:06

スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フランク満太

Author:フランク満太
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。