スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天皇賞・春】ゴールド、見せる最強まくり

 GIシリーズが再開し、28日に京都競馬場で古馬長距離王決定戦の天皇賞・春(芝3200メートル)が行われる。今年はゴールドシップ一色のムード。昨年、皐月賞、菊花賞の2冠に加えて有馬記念も制覇し、今年は初戦となった阪神大賞典を完勝した。コンビを組む内田博幸騎手(42)=美・フリー=の胸の内に迫った。(取材・構成=柴田章利)




 --いよいよ春の天皇賞。同じ京都外回りの菊花賞は強かった




 内田博幸騎手 「京都の外回り3200メートルはゴールドシップにとっていい舞台。3コーナーから上がっていって、坂を下って勢いがついてからブレーキを掛ける必要がない。コーナーが大きいので、外をまくってモタモタしていたら、すごく外を回らなくてはいけなくなるけど、この馬はまくってから少しずつ内に入っていけます」




 --前哨戦の阪神大賞典は後方から大外をまくって他馬をねじ伏せた




 「この馬が動いたときに一緒に行った馬はつぶれたものね。底力を改めて皆さんに見せられたかな、と思いました」




 --後方からのまくりが勝ちパターン




 「スタートして出して行こうとは、いつも思っているけどね。でも、これがゴールドシップのスタイルなんでしょう」




 --先行できたのは内田騎手が初めてコンビを組んだ共同通信杯だけ




 「今思うと、あの一戦がこの馬を出世街道に乗せたレース。このレースを勝ったから、後にGIを勝てたと思います。その大事なレースで、なぜか好スタートから先行できたというのは、この馬の持っている運だと思っています」




 --本当に強い馬だと確信した瞬間は




 「秋初戦の神戸新聞杯かな。強い競馬で、これなら菊花賞もと思った。それと有馬記念。早めにまくって大外を回って勝つなんて、今考えると、とんでもないこと」


提供元:SANSPO.COM 2013年4月23日(火) 05:05
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フランク満太

Author:フランク満太
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。