スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天皇賞・春】フェノー、ゴールド封じ再び

 天皇賞・春の大本命馬ゴールドシップと唯一対戦したダービーで2着対5着と先着しているのがフェノーメノだ。秋は天皇賞でも小差2着に入った実力馬が、4歳を迎えて一段と成長。再び同世代のライバルを倒し、GI初制覇を目指す。




 最強のチャレンジャーが芦毛の王者に立ちはだかる。昨年のダービー、天皇賞・秋でともに2着に入ったフェノーメノが、前走の日経賞を横綱相撲で快勝。戸田調教師も手応えを得ている。




 「以前は目に見えないところで行きたがる面があったが、休み明けであれだけスムーズに競馬ができた。古馬になって馬が大人びてきた」




 昨秋は3000メートルの菊花賞をパスし、適性の高い東京2000メートルの天皇賞へ進んだが、「競馬スタイルや内容から、今なら距離も大丈夫だろう」とトレーナーは判断。選出されていた同日の香港クイーンエリザベス2世Cでなく、日本の平地最長距離GIを選択した。




 同じステイゴールド産駒でGI3勝のゴールドシップの壁は厚い。だが、過去に1度対戦したダービーでは5着だったゴールドに約1馬身先着。GI未勝利でも能力では負けていない。




 美浦Wコースでの18日の1週前追い切りは、ライバルを意識したかのようだった。「1頭になっても遊ばないように」と蛯名騎手は、併走馬をかわしてからも、ゴールまでしっかり追った。ゴールドシップの追い込みを前でしのぐ、と想定しているように感じさせた。




 「こちらはコースも長距離輸送も初めてですが、それを払しょくしてくれそうなくらい状態がいい」とトレーナー。




 天皇賞・春でGI初制覇というケースは多い。フェノーメノも悲願を叶える態勢は整っている。


提供元:SANSPO.COM 2013年4月23日(火) 05:04

スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フランク満太

Author:フランク満太
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。